感想記

ネタバレ注意。乾燥注意。

22年目の告白 -私が殺人犯です

行きつけの輸入商品雑貨店の人の勧めで、「気狂いピエロ」という映画をTSUTAYAに借りに行った際、その日限定でレンタルキャンペーンをやっていると店員に告げられた。せっかくなので、他の映画も借りようと思い、その場にいた店員3名それぞれのお勧め作品を借りることにした。以下、彼らのお勧め作品名。

 

店員A(女性): 22年目の告白ー私が殺人犯です

 

店員B(女性): ファンタスティックビースト

 

店員C(男性): フィフティシェイズオブグレイ

 

男性店員は、最初「12人の怒れる男達」、次いで「ミッドナイトインパリ」を勧めてくれたのだが、私は既にこれらの作品は観てしまっていたので、借りたのは彼の三つ目のお勧め作品。

 

こういった経緯で観た「22年目の告白ー私が殺人犯です」についてのあれやこれや。

 

殺人の動機

クライマックスのシーンで、真犯人であるジャーナリストは殺人の動機について、おおよそ次のように話していた。

 

彼は、取材先の戦地で友人が後ろから絞殺されるのを見せられたという原因で、心に穴が開いた状態になってしまった。その穴を埋める唯一の手段が、親しい人間を目の前で絞殺されるという自分がされたのと同じ経験を他人にもさせ、それにより、他にも自分と同じ体験をした人間がいるということを認識する事だった。

 

これって、ちょっと問題があると思う。

 

ジャーナリストはメインキャラクターの刑事の妹を殺した際、その一部始終を刑事にも婚約者にも見せていなかった。これでは、彼の心の穴は埋まらない。

 

また、この刑事の妹に対し、刑事のアパートが爆発するところを見せていたが、これも背後からの絞殺ではないので、ジャーナリストの心の穴は埋めることはできなかったはず。

 

さらに、刑事のアパートで、ジャーナリストは、刑事を爆発で殺そうとしたが、これも背後からの絞殺を見せるという行為ではないので、心の穴は埋めることができなかったはず。

 

この最後の点に関しては、ジャーナリストが刑事を爆死させようとした理由は、肩を撃たれたことに対する単なる報復で、心の穴を埋めようしていたわけではない、と言えないこともないのかもしれないが。

 

どうも、ちぐはぐな感じがする。

 

それから、何故、ジャーナリストは殺人を止めたんだろうか? 婚約者が殺人犯として事件を説明していた時は、自分の計画が上手くいかず、ターゲットであるメインキャラクターの刑事ではなく、別の先輩刑事を殺してしまったことが殺人を止めた理由だと言っていたが、これはもちろん、真犯人であるジャーナリストが殺人を止めた理由ではない。心に開いた穴を埋めるために、殺し続けなければならなかったのなら、ジャーナリストが殺人を止めた理由ってなに? それまでに殺した人達で十分だったの?

 

 

時系列

婚約者が、真犯人はジャーナリストだと気付いたのは、テレビ収録の後(翌日?)、ホテルでこの事件に関する映像を見ていた時のようだったが、これは時系列的におかしい。

 

テレビの収録が終った後のシーンで、ジャーナリストの密着取材班が彼の別荘までの地図をなくしたことに気付くシーンがあった。婚約者が別荘へ行くために、盗んだということなんだろうけど、この時点で、婚約者はジャーナリストが犯人だということを知らなかったわけなのだから、彼があの時地図を盗んでいたというのは、どうにも納得がいかない。

 

 

その他

ジャーナリストの別荘、あんなに監視カメラがあってセキュリティーが充実していたのだから、婚約者が窓ガラスを割って侵入した時点で、ALSOKかなんかが駆けつけていただろうに。

 

クライマックスのシーンで、ジャーナリストが部屋に入った丁度いいタイミングでジャーナリストの殺人の記録がモニターに映し出されていた。ということは、婚約者は事前に一人で機材をいじって、何回もリハーサルをしていたということになる。想像すると結構笑える。

 

多分、この作品は神戸の事件の酒鬼薔薇聖斗が手記を出したことに着想を得たのだと思う。 私はあの事件についてあまりよくは知らないのでなんとも言えないが、映画の内容ははあの事件とはあまり関連がなさそうだった。 

 

 

総評

この映画は、よく考えられて作られた作品ではないと思う。それなりに制作費もかかっていそうなので、よくもまあこんなお粗末なものを作れたものだ、と正直呆れてしまった。その一方、おそらくこの映画は、実は彼は犯人ではありません、意外にもこの人が真犯人でした! という、どんでん返しを見せるためのものだったのだろうから、別に細かいところは気にしないで楽しめばいいのだ、とも思う。もちろん、もし自分が映画製作者だったら、こんな恥ずかしい作品は作れないけど。こういう気楽に観れる映画も必要だと思うし、いいんじゃないだろうか。実際、私も少なくとも途中までは、そこそこ楽しんで観れていたし。

 

ABCDでの評価はC。