感想記

映画、音楽、小説、アニメ等、あれやこれやと乾燥機

オン・ザ・ロード

"We've got to go someplace, find something."

 

Yea, because we ain't gonna find nothing on the road!

 

文学部出身の友人の一押し作品であるジャック=ケロアックの「オン・ザ・ロード」。

つまらなかった。本当に本当に本当に、つまらなかった。あまりにつまらなかったのでちょっと読んで止めて放置、を繰り返し、読むのに一年以上もかかってしまったというほどつまらなかった。

 

M月D日にPへ行ってAをした以外の内容のないブログをひたすら読んでいるような、オチのない話を永遠に聞かされているよな、「ただ書きゃいいってもんじゃないよ!」といったような、この本を読む事、それすなわち苦行、といったような、ヒットラーの考えた拷問じゃないかと疑ってしまうような、つまらない本の代名詞とでも言うべき作品だった。

 

しかし、この作品なぜだか名作といわれている。それが何故かを理解するために、この作品に関する講義を見てみたところ、色々とケロアックがやろうとしていたことがわかった。

 以下、その内容のいくつか:

 

 実体験をできるだけ複製したような小説を書く。

 実体験のあらゆる要素を組み込む。

 時間と同じ早さで進んで行く言葉で書く。

 頭の中の人間の意識の流れを表す。

 躊躇しないで自由に書くことにより、人間の生きるという体験の奥底にあるものを表 す。

 悟りの境地である小説を書く。

 

うーん。。。伝わってこなかったなぁ。 講義を見た後でも作品に対する評価はあまりかわらなかったし、 講義自体ちょっと作品を美化し過ぎのように思えた。

 

ちなみにこの作品、サルとディーンのラブストーリーなんだとか。でも、全くそういう風に感じなかったし、ケロアックが同性愛者と知った上で、この作品を自伝的小説として読まないとなかなかその解釈はでてこないじゃないかと思う。まぁ、ちゃんと読んでなかっただけなのかもしれないけど。

 

とりあえずABCDで評価すると、D。

 

で、結局これがなんで名作と言われているかというと、アイドルの書いてる彼ら彼女らの生活のブログって、そのアイドルに興味がない人にとってはどうでもいいのかもしれないけれど、オタクの人達にとってはそれは凄くおもしろいわけで、それと同じように、ケロアックとビートな仲間達の生き方に憧れた当時の若者達にとって、ケロアックの生活の話はたまらなくおもしろかったんだろう。 そして、そんな当時の若者達が社会的に影響力のある立場にある現在「オン・ザ・ロード」は名作だということになってしまっているのではないだろうか。

 

この本が好きな人、どこがいいのか教えてくれー!