感想記

ネタバレ注意。乾燥注意。

宮ザコ引退否定

宮ザコが会見で引退は否定していたらしい。 ヤクザからお金をもらうほど仲良しだということがバレても、まだ引退しないって。いったいどれだけ図々しいのだろうか? 宮ザコを擁護している人間達はいったいなにを考えているのやら? 今まで色々な芸能人が不祥…

引退会見

宮ザコと亮の引退会見。どっちも全く面白くないし、どうでもいい。

パクり

先進技術にイチゴに和牛などなど、中国や韓国は過去に日本から色々なモノをパクってきたが、輸出規制のおかげで、また韓国が日本から技術をパクろうとするんではないかと心配だ。 このパクり問題について各党はどのような意見を持っているのだろうか?

SMAP圧力疑惑

一部のSMAPファンがジャニーズからの圧力でSMAPのメンバーがテレビに出れないのを問題視していて、公正取引委員会までが出てきたらしい。 しかし、一体テレビ局と芸能事務所の関係で公平って、なんなんだかよくわからない。ファンは彼らには実力があるとかな…

共産党員達との会話

日本共産党の人々: 憲法9条は絶対に守る。米軍は日本から出ていかせる。 私: 北朝鮮が攻めてきたら、どうするの? 中国や韓国が日本を占領しようとしたら、どうするの? 実際、韓国は竹島を軍事力で支配してるし、中国との尖閣諸島の問題もあるじゃない。…

日本人のフリをして慰安婦像に唾を吐きかけた韓国人

www.recordchina.co.jp 別に韓国人全員が嫌いではないし、変な差別はするべきではないけど、こういうことをする韓国人は嫌いだ。 日本のメディアはこういうの報道するべきなんじゃないかな? しないということを考えると、やっぱり日本のメディアって反日の…

元農林水産省事務次官、熊沢英昭とメディアの蜜月関係

交通事故で親子をひき殺してしまった瑞宝章の受章者である飯塚幸三は上級国民だから逮捕されないなどの批判がメディアから噴出した一方、実の息子を故意にメッタ刺しにして殺した元農林水産省事務次官の熊沢英昭に対しては、同情する意見が多いのはなぜなん…

路上ライブCD踏み付け

無許可で路上ライブをしていた女性からCDを買い、それを目の前で踏みつけた男性が、やたらとテレビやネットでバッシングを受けているが、個人的には無許可で路上ライブをするという違法な行為をしていた女性の方がバッシングを受けるべきだと思う。 それから…

月曜から夜更かし

日本テレビの深夜番組、月曜から夜更かし。 「ooを調査した件」等と題して、非芸能人に対するインタビューを、彼らをバカにした演出で放送するという趣旨の番組なのだが、私はこの番組が年配の人達をバカにしているのが、どうも気に入らない。 この番組の趣…

「凪のお暇」と「きみが心に棲みついた」

書評サイトから、書評を書く代りに貰ったコナリミサトという人の漫画、「凪のお暇」の1巻を読んでのあれやこれや。 最初に明記しておきたいのだが、これから私が書くことは、1巻のみを読んだ現時点での意見であり、初回から最終回までの作品全体に対する意…

夢から醒めた夢 −冒険配達ノート−

赤川次郎がお話を担当し、北見隆が絵を描いた絵本。エドガー・アラン・ポーの「A Dream within a Dream」を読んだ際、「夢から醒めた夢」というタイトルに聞き覚えがあったので、検索して調べたところ、この本を発見。読んでみる事にした。 タイトル タイト…

地下室の手記

ドストエフスキーの小説「地下室の手記」を読んでのあれやこれや。 1.どこが始まり? この手記の作者とこの手記自体はフィクションです、第一部にはこれこれこういうことが書かれてあり、第二部ではこういうことが書かれています、といった「作者のメモ書…

気狂いピエロ

2ヶ月程前、いきつけの輸入食品雑貨店の店員が、私はゴダールという監督の映画をおもしろいと思うかもしれないと、彼の「気狂いペエロ」という作品を勧めてきた。今回はこの作品についてのあれやこれや。 ベラスケス 映画の冒頭で、主人公は美術についての…

22年目の告白 -私が殺人犯です

行きつけの輸入商品雑貨店の人の勧めで、「気狂いピエロ」という映画をTSUTAYAに借りに行った際、その日限定でレンタルキャンペーンをやっていると店員に告げられた。せっかくなので、他の映画も借りようと思い、その場にいた店員3名それぞれのお勧め作品を…

万葉集1068

歌聖と称された柿本人麻呂が夜空を詠んだ和歌。 天の海に雲の波立ち月の船 星の林に榜ぎ隠る見ゆ なんだか神秘的な感じがする。 さすが、人麻呂。 美しい。 夜空が海で、雲が波で、月が船で、 ん? 星は林? 何故に海でまとめなかったんだ? 思いつかなかっ…

一週間フレンズ。

アニメ「一週間フレンズ。」。 友達の記憶が一週間ごとにリセットされてしまう藤宮さん。そんな彼女と毎週友達になる長谷君のお話。 1.リセットされる記憶 リセットされてしまう記憶というので、私が思い出すのは映画「メメント」とその元ネタになったであ…

メヌエット ト短調 BWV Anh. 115

ラピュタっぽい。 とてつもなくラピュタっぽい。 と、天空の城ラピュタをなぜか思い出してしまった。私はラピュタを小学生の頃に一度しか見ていないのに。。。 不思議。あぁ、ラピュタおもしろかった。。。 滅びの呪文、ダルサだったけ? パズーがシータと一…

雨ニモマケズ

宮沢賢治の詩として知られているメモ。 「雨ニモマケズ 風ニモマケズ (中略) サウイフモノニ ワタシハナリタイ」 うん、頑張ってね。 ABCDでの評価はD。 これの何がいいのか全く理解できない。

オン・ザ・ロード

"We've got to go someplace, find something." Yea, because we ain't gonna find nothing on the road! 文学部出身の友人の一押し作品であるジャック=ケロアックの「オン・ザ・ロード」。 つまらなかった。本当に本当に本当に、つまらなかった。あまりに…

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

現代の日本を代表する小説家の作品を読んでみたい。ある日、そんな欲求に駆られた私がネット検索で該当する作家を調べたところ、おそらくその作家は村上春樹であろうという結論に達した。小説をあまり読まないタイプの人間だった私ですら、「ノルウェイの森…